生酵素サプリは飲むタイミングで効果がかわる!?

生酵素サプリを飲むタイミングとは?

最近愛飲されている方が徐々に増えている酵素サプリメントである生酵素サプリですが、飲むタイミングによって効果が変わると言われています。

薬でもないのになぜ効果が変わるのか、更にメーカーの推奨タイミングを紹介し、食前後の効果の違いやそこから分かる理想的なタイミングについて紹介し、生酵素のより効果的な利用方法をお話ししていきます。この文章を読んで少しでも効果を上げていただけたら幸いです。

生酵素サプリは飲むタイミングによって変わるのか

結論を言うと、生酵素サプリは飲むタイミングによって効果が変わります。ただ、なぜ効果が変わるのか、タイミングは関係あるのか、そのことについての仕組みをお話しする前に薬の場合は、なぜ飲むタイミングがあるのかお話しし、その上で生酵素の場合はどうであるのかをお話しして生酵素が飲むタイミングによって効果が変わってくることをまとめてみます。

薬の場合

薬の場合は、主に食前、食後、食間、就寝前、頓服(とんぷく)などのタイミングがあります。このタイミングの違いによって狙う効果が変わってくるのです。

まず食前についてですが、胃の中に食べものが入っていない状態で効果を期待する薬が効果的です。例えば、食事によって上昇する血糖を抑えたり、胃の粘膜へ効果を出したり、食物が胃に入っていない方が効果が期待できる場合に推奨されます。

食後は、食べ物の消化を助けたり、食べ物の消化と一緒に吸収されることで効果を期待する場合や食べ物が一緒にないと胃に障害を与える恐れがある場合にに推奨されます。食間は食後2時間後のことです。

食べながら飲むことではないのに注意してください。この薬は食前に飲む薬と同じ効果を期待して推奨しています。就寝前は、寝ている間に効果を期待する薬で例えば、睡眠薬や飲むと副作用で眠くなるような薬に推奨されます。

最後の頓服は発作時や症状が強い時に飲む効果が強く、効くのが速い薬の場合に指定されます。このように薬の性格によって飲むタイミングを変えていくのが薬の場合です。

生酵素サプリの場合

生酵素サプリの場合はどうでしょうか。食前、食後、食間、就寝前、頓服の薬のタイミングに当てはめて考えていくと、眠気が出る副作用は生酵素サプリにありません(あればサプリメントとして販売できません。)から就寝前に飲む必要はありません。

また、発作を抑える必要のあるものでもありませんから、頓服の使い方としても考えられません。そうなると、食前か食後、食間のいずれかになると言えます。

生酵素サプリの飲むタイミングは?

食前か、食間か、あるいは食後か生酵素サプリを飲むタイミングは、どんなタイミングが良いのでしょうか。酵素なので、やはり消化のタイミングと関係があります。期待する効果によって飲むタイミングも異なるはずです。この項目では生酵素サプリを飲むタイミングについて考え、生酵素を販売しているメーカーの推奨タイミングについてもお話ししていきます。

考えられるタイミング

食前か食間か食後かと言うのが考えられるタイミングですが、サプリメントは薬ではないため、気軽に取れるタイミングであることが多いです。いつでもいいというものもあります。

ただ、脂溶性ビタミンと呼ばれるビタミンA、D、E、Kなどは油に溶けやすく身体が吸収する前に壊れてしまうため食後を避けるよう説明されています。

生酵素もそう言った性質があるのであれば、食後を避けるように推奨されているはずです。酵素自体も分解されやすいので、生酵素と言う生の状態で提供されていますから、消化にも関係があると言えるのです。

生酵素サプリのメーカー推奨のタイミング

そうなると生酵素サプリのメーカー推奨のタイミングが理想的な話になります。しかし、公式見解は示されておらず、いつでも良いということになっています。なぜかと言うと推奨タイミングを記載してしまうと薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)という法律に触れてしまい。

サプリメントとしての販売ができなくなってしまうので、あえて触れていないのです。生酵素サプリが薬品扱いになってしまったら、気軽に購入できませんし、価格も上昇する可能性が高いので、推奨タイミングは記載できないというのがその事情です。

食前と食後の効果の違いは?

生酵素は、やはり消化と関係のあるサプリなのでタイミングによって効果が異なる場合もあります。ここでは、食間と食前の胃の状態が似ていることから食前に含め、食後のタイミングと効果の違いがあるかについてお話ししていきます。

食前

食前に飲むことで、食前の空腹時に生酵素を体内(特に胃腸)に取り入れることで食事の際に使用する消化酵素の補助をしてくれることが期待できます。酵素が不足していると、食べた食物の分解ができませんから、身体は食物を分解するために消化酵素をたくさん出そうとします。

そうなると代謝酵素の分泌が減り健康維持やダイエットに不利益な結果をもたらしてしまいます。そうなる前にあらかじめ生酵素サプリを摂っておくことはメリットがあります。

食後

食前の効果のメリットをお話しすると、食後にはメリットがないように見えますが、食後の効果にもメリットもあります。それは胃の不快感を感じることなく摂取することができるのです。

また、薬の項目でもお話ししたように食べ物の消化を助けたり、食べ物の消化と一緒に吸収されることで効果が得られるという側面もあります。生酵素サプリには様々な種類の酵素が含まれているので、食後に飲んでも活躍する酵素があるのです。

理想的なタイミングは?

食前、食後どちらもメリットがあって、結局いつが良いのか、しかも公式見解もいつでも良い(法律の縛りがありますが)と言うことで、迷われる方も少なくないはず、そこで飲む理想的なタイミングとして提案したいタイミングがあります。

こういうタイミングもあります

理想的なタイミング、それは胃に不快感がなければ食前に飲み、食後もう一度飲むというタイミングです。このような飲み方をすれば、生酵素に含まれる酵素が食前後で活躍し、健康維持やダイエットの補助として大きな助けになってくれるはずです。ただし、不快感があった場合は食後にだけ飲むなど、調整が必要なのはご注意ください。

まとめ

公式にはいつ飲んでも良いということですが、食前や食後に飲むことでそれぞれ効果が変わってきます。そういったメリットを考え、食前後の両方で飲むという方法もあります(ただし、体調を考えて飲むことが必要です)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です